自己ホスト型 GitHub アプリの作成方法


Bencher Cloud を使用している場合、単に サインアップ または ログインして、 GitHub ボタンを使用することができます。

Bencher 自己ホスト型を使用するためには、Bencher Plus Enterprise プラン を持っている必要があり、自分で GitHub アプリを作成し、コンソールとサーバの設定を更新する必要があります。

GitHub アプリの作成

  • GitHub アプリを作成します
  • GitHub アプリ名
    • ユニークな名前を選びます (例:My Enterprise のための Bencher)
  • ホームページのURL
    • これをBencher 自己ホスト型コンソールの URLに設定します (例:https://bencher.example.com)
  • ユーザの識別と認証
    • コールバック URL
      • このコールバック URL を Bencher 自己ホスト型コンソールの URL に設定し、パスは /auth/github にします (例:https://bencher.example.com/auth/github)
    • ✅ユーザー承認トークンの期限切れ
    • ✅インストール時にユーザー認証(OAuth)をリクエスト
    • ✅デバイスフローを有効化
  • Webhook
    • ❌アクティブ - このボックスのチェックを外します
  • 権限設定
    • アカウント権限
      • Eメールアドレス:読み取り専用
  • この GitHub アプリはどこにインストールできますか?
    • 🔘任意のアカウント
  • Create GitHub App をクリックします
  • これで新たに作成したアプリの General の下に
  • Client ID を注意しておきます (例:Iv1.12864abcd1232048)
  • クライアントの秘密鍵
    • Generate a new client secret をクリックします
    • この⽂字列をメモしておきます (例:00000abcd12345wxyz123456789abcdefgh0000)
  • 表示情報の下にBencher の logo PNG を追加します
  • プライベートキー
    • Generate a private key をクリックします

GitHub アプリの設定

コンソール UI

bencher-console Docker イメージを実行するときに、環境変数 GITHUB_CLIENT_ID を設定します (例:GITHUB_CLIENT_ID=Iv1.12864abcd1232048)。クライアント ID が存在しない場合、UI では GitHub ボタンが表示されません。

API サーバー

サーバー設定の plus.github セクションclient_idclient_secret を追加します。GitHub セクションが存在しない場合、サーバーは GitHub の認証リクエストすべてに対して失敗します。

🐰 おめでとうございます! GitHub アプリの設定方法を学びました! 🎉

ガイドの次のステップ

GitHub Actions に Bencher を追加する ➡

🤖 このドキュメントは OpenAI GPT-4 によって自動的に生成されました。 正確ではない可能性があり、間違いが含まれている可能性があります。 エラーを見つけた場合は、GitHub で問題を開いてください。.